生酵素を使ったダイエットの手順

最近お腹がタプタプ、体が重い・・・そう思っていたところで実家に帰ったら「ちょっとー!あんた太ったわね?」と言われたなんてこと、ありませんか?

友達や彼氏が心の中で思っていることでも、実家の母は容赦なし!真実だからこそ、余計に傷つきますよね。

でも忙しくて運動する時間はないし、体力を落とすような食事制限は仕事に響くし・・・と思ったら、生酵素ダイエットがオススメなんですよ。

生酵素ってそもそもなに?

生酵素は名前のとおり、加熱せずに野菜や果物などを発酵させ作り出した酵素食品のことです。

普通に「酵素ドリンク」として売られているものの中には加熱処理を経て作られるものもあり、そうなると一部の酵素は死んでしまうようです。

それと比べると生酵素は低い温度でじっくり発酵させて作るため、より多く、生きたままの酵素を口にすることができるんですね。普通の酵素ドリンクと生酵素なら、生酵素を選んだほうがより良い結果を期待できそうです。

酵素の役目は大きく分けて二つ、消化とエネルギーの代謝です。食べたものを消化・分解するため消化酵素が活躍するのですが、問題は消化に手こずったり、もともと酵素が不足していると「エネルギー代謝のための酵素」も使って消化してしまう性質があることなんです。

そうなると、エネルギーの代謝が進まず代謝が落ち込み、太ってしまうんですね。生酵素はその酵素をがっちり補い、エネルギーを代謝しやすい、つまり痩せやすい体にすることでダイエットをサポートするんですね。

生酵素ダイエットの手順

では生酵素をどうやって取り入れて、ダイエットはどう行ったらいいのでしょうか。

まず生酵素で1食を置き換える(酵素を飲むかわりにご飯を抜く)ことです。これをファスティングといい、酵素を取り入れる・ご飯を抜くことで消化酵素を温存する・カロリーを抑えるという3つのメリットのあるダイエット方法です。

特に午前中は消化の負担が大きい時間と言われ、酵素を消耗しやすいとされています。つまり一番能率がいいのが朝ごはんを生酵素で済ませることですね。

朝の忙しい時間も、クイっと飲むだけで朝ごはんが健康的に済ませられるので便利、ただ大きな欠点はお腹がすいてしまうことです。

オススメなのは生酵素を炭酸や豆乳で割ったり、ヨーグルトにかけると満腹感を得られてダイエットの辛さが軽くなりますよ。生酵素の味も甘酸っぱいので炭酸水・豆乳・ヨーグルトとも相性抜群です。

生酵素はミネラルやビタミンの栄養素も豊富なので、1食抜いても栄養不足になる心配がないのも大きなメリットですね。授乳中や子育て中でも取り入れやすいのが生酵素ダイエットなんです。

参考情報:「生酵素サプリの殿堂

個人差はありますが、数日でおなかのスッキリ感が出てきて、数週間で変化が実感できる場合が多いみたいです。

劇的に突然痩せるというアイテムではありませんが、安心感は大きく体への負担は少ないです。むしろ酵素・ビタミン・ミネラルの補充は元気にもつながります。

まずは生きた酵素を取り入れて、健康的なダイエットを目指しましょう!

生酵素サプリで置き換えダイエットを行う際の注意点

生酵素サプリで置き換えダイエットをするときは、何よりも自分のペースですることが大切となります。

置き換えダイエットの注意点は、置き換え回数を増やしすぎないことにあります。当然ながら1日3食の置き換えは無理がありますし、2食でも厳しいところがあるでしょう。

人間にとって食べる楽しみは非常に大きいものであり、これが失われることは大きなストレスとなります。ストレスのたまるダイエットを実践した方ならわかりますが、成功率は著しく低くなるでしょう。

一時的に10kgなどの大幅減量に成功しても、1年後も同じ体重を維持できる方は多くはありません。

失敗してしまう理由は単純であり、健康を無視して体重だけを落としてしまうからです。

置き換えダイエットで失敗する理由は限られている?

体重が減ればダイエットに成功したと感じる方は多いでしょうが、大切なのは筋肉を強化できているかどうかです。筋肉量が十分にある方は肥満になりにくく、これは筋肉が脂肪を燃焼させてくれるからです。

逆に筋肉が少ない方は肥満体質であり、たとえ一時的に大幅減量をしてもその体質は変わりません。痩せ型体質に変えつつダイエットをするには、少なくとも半年はかかると考えていいでしょう。

健康的にリバウンドせず痩せるための近道はないため、コツコツと無理なく続けられる方法でないと意味がありません。

生酵素サプリで置き換えダイエットをするなら、基本的に1日1食とするのがよいでしょう。

仕事や日常生活に支障をきたす置き換えダイエットはNG

時間帯としては朝食や昼食などは避けたほうがよく、これは仕事をするために必要なカロリーを確保できないからです。

糖質が減少してしまうと脳の働きが鈍くなってしまうので、朝はしっかりと食事を摂るのが好ましいのです。朝を抜いてしまう方は糖質不足に陥って、仕事の作業効率が下がってしまいます。

脳の栄養源は糖質しかないので、朝食を減らすようなダイエットは避けましょう。

昼食と置き換えするのも午後からのカロリー不足を招くのでおすすめできません。
17時まで働くという方でも、12時から5時間もあるわけです。

昼食を摂らずに5時間を過ごすのは大変であり、朝食の場合と同様に脳が炭水化物不足に陥る可能性があります。それゆえ生酵素サプリで置き換えダイエットをするなら夕食と置き換えるのがベストというわけです。

これから眠るという状況においては、人間は多くのカロリーを必要とはしません。むしろ胃腸内に飲食物がないほうが内臓をゆっくり休ませることができます。

眠っている間は空腹感も覚えにくいので、生酵素サプリを飲むとしたら夕食と置き換えるのがベストなのです。

毎日夕食を食べている方は、1日3食の中で夕食が最も豪華で高カロリーであるケースが多いのです。それゆえ置き換えをするなら夕食が最も効果的となります。

ただし、筋肉不足にならないために朝食・昼食でタンパク質を十分に摂ることが注意点となります。タンパク質が筋肉の原料となるので、本来夕食で摂取する分を朝食・昼食に分散されて多めに摂りましょう。

生酵素サプリの特徴とメリット

生酵素サプリの特徴は、まず何と言っても加熱していないということです。酵素の性質として、加熱することで活性が変わるからです。

酵素は低温であれば不活性ですが、良い温度になると反応速度が上がっていき、48度以上で活動を停止する非活性となり、一般的にはよみがえることがなくなります。

どれだけたくさんの酵素が含まれているものであっても、高温加熱を一度でも行った場合、生きた酵素は摂取できなくなります。

酵素が含まれたものの代表格として酵素ドリンクがありますが、酵素ドリンクは清涼飲料水の分野となり、日本の法令に従い加熱処理が行われています。

規定では65℃以上で10分以上となっているため、酵素ドリンクの酵素は不活性と言えます。酵素ドリンクでも、野菜や果物、海藻などの栄養素を補給することはできるため、全く意味が無いわけではありませんが、酵素を補給し代謝を上げるなど、酵素の力を使ってダイエット効果を期待するのは難しくなります。

生酵素は文字通り生のまま酵素が体内に届く

生酵素サプリのメリットは、フリーズドライ製法などもあるため、熱を加えずにサプリメントとして凝縮することが可能なことです。熱を加えずに製品化できるため、自分の手元に届くまで酵素の活性が失われず、素材から抽出された栄養素もしっかりと維持された状態のままです。

酵素を生のまま摂ることで、ダイエット効果などが期待できます。体内の代謝を上げることができれば、特別なことをしなくても太りにくい体質を作ることが可能です。

エネルギー摂取ばかりをしていると余ってしまうため、太ってしまいます。ダイエットを行っても痩せない人は、エネルギーを溜め込むばかりでうまく使えていないことがあるため、酵素の力を借りて体外へと排出できるようにしていきます。

無理に食事制限を行っても、我慢できなくなりそれまで制限していた反動により暴飲暴食しやすくなり不健康に太ってしまう人もいます。

生酵素ダイエットの秘密は代謝アップにあり!

酵素は、消化と代謝に働きます。そのため、不足していると消化不良となり、胃腸の負担が大きくなる事があります。結果として、便秘になります。

ダイエットをしたい人は、代謝だけでなく消化にも目を向ける必要があります。生酵素サプリを摂取することは、代謝を上げるだけでなく、消化を助ける働きも期待できます。

消化を助ける働きにより腸内環境が整えられ、便秘解消になると肌にも効果があらわれるようになります。酵素を摂取していると体内に必要な栄養素が十分に補給されているため、空腹になりにくいことから、ダイエットが成功しやすいと言われています。

生酵素サプリを選ぶ際には、どのような方法で作られているかを確認します。原材料には、どれくらいの種類が使用されているか、ビタミンやミネラルなどの栄養を抽出されているかなどを確認しておきます。

生酵素サプリは加熱処理をせずに、熱に弱い酵素が壊されていないことがメリットです。そのため、製品化の過程において、酵素を壊してしまうような作業が行われていないかなども確認しておきます。