生酵素を使ったダイエットの手順

生酵素を使ったダイエットの手順

最近お腹がタプタプ、体が重い・・・そう思っていたところで実家に帰ったら「ちょっとー!あんた太ったわね?」と言われたなんてこと、ありませんか?

友達や彼氏が心の中で思っていることでも、実家の母は容赦なし!真実だからこそ、余計に傷つきますよね。

でも忙しくて運動する時間はないし、体力を落とすような食事制限は仕事に響くし・・・と思ったら、生酵素ダイエットがオススメなんですよ。

生酵素ってそもそもなに?

生酵素は名前のとおり、加熱せずに野菜や果物などを発酵させ作り出した酵素食品のことです。

普通に「酵素ドリンク」として売られているものの中には加熱処理を経て作られるものもあり、そうなると一部の酵素は死んでしまうようです。

それと比べると生酵素は低い温度でじっくり発酵させて作るため、より多く、生きたままの酵素を口にすることができるんですね。普通の酵素ドリンクと生酵素なら、生酵素を選んだほうがより良い結果を期待できそうです。

酵素の役目は大きく分けて二つ、消化とエネルギーの代謝です。食べたものを消化・分解するため消化酵素が活躍するのですが、問題は消化に手こずったり、もともと酵素が不足していると「エネルギー代謝のための酵素」も使って消化してしまう性質があることなんです。

そうなると、エネルギーの代謝が進まず代謝が落ち込み、太ってしまうんですね。生酵素はその酵素をがっちり補い、エネルギーを代謝しやすい、つまり痩せやすい体にすることでダイエットをサポートするんですね。

生酵素ダイエットの手順

では生酵素をどうやって取り入れて、ダイエットはどう行ったらいいのでしょうか。

まず生酵素で1食を置き換える(酵素を飲むかわりにご飯を抜く)ことです。これをファスティングといい、酵素を取り入れる・ご飯を抜くことで消化酵素を温存する・カロリーを抑えるという3つのメリットのあるダイエット方法です。

特に午前中は消化の負担が大きい時間と言われ、酵素を消耗しやすいとされています。つまり一番能率がいいのが朝ごはんを生酵素で済ませることですね。

朝の忙しい時間も、クイっと飲むだけで朝ごはんが健康的に済ませられるので便利、ただ大きな欠点はお腹がすいてしまうことです。

オススメなのは生酵素を炭酸や豆乳で割ったり、ヨーグルトにかけると満腹感を得られてダイエットの辛さが軽くなりますよ。生酵素の味も甘酸っぱいので炭酸水・豆乳・ヨーグルトとも相性抜群です。

生酵素はミネラルやビタミンの栄養素も豊富なので、1食抜いても栄養不足になる心配がないのも大きなメリットですね。授乳中や子育て中でも取り入れやすいのが生酵素ダイエットなんです。

参考情報:「生酵素サプリの殿堂

個人差はありますが、数日でおなかのスッキリ感が出てきて、数週間で変化が実感できる場合が多いみたいです。

劇的に突然痩せるというアイテムではありませんが、安心感は大きく体への負担は少ないです。むしろ酵素・ビタミン・ミネラルの補充は元気にもつながります。

まずは生きた酵素を取り入れて、健康的なダイエットを目指しましょう!

生酵素を摂るベストなタイミングってあるの?

さきほど生酵素を摂取するなら午前中が良いと触れましたが、ケースバイケースとも言えます。たとえば、ダイエットのために食べる量を減らしたい場合は食前に飲めば満腹感が生まれて、食べすぎを防ぐことができます。

また、食事と一緒に飲んでも酵素が消化を助けるので、代謝酵素の余裕を生み出さすには良いタイミングですね。しかし、胃薬など消化酵素を含む薬品は食後30分以内の服用が良いとされていますので、置き換えダイエットをしないなら食後がベストなタイミングと言えるでしょう。

また、寝る前に酵素ドリンクを飲むと、睡眠中は排尿のタイミングが減ってビタミンが体から出て行きにくいため美肌などの作用が期待できます。

結論を言うと、置き換えダイエットのために生酵素を摂取するなら午前中、食事をとるなら食後30分以内、美肌のために飲むなら寝る直前がベストなタイミングですね。

また、エクササイズの持久力を高めたいならトレーニングの前も良いでしょう。アミノ酸や酵素の力でトレーニングの時間や回数を伸ばすことができます。

筋肉をしっかりつけたいなら、筋肉を回復させる運動後も良いですね。スリムを目指すか、筋肉質を目指すかで飲むタイミングも変わるんです。