生酵素サプリの特徴とメリット

生酵素サプリの特徴は、まず何と言っても加熱していないということです。酵素の性質として、加熱することで活性が変わるからです。

酵素は低温であれば不活性ですが、良い温度になると反応速度が上がっていき、48度以上で活動を停止する非活性となり、一般的にはよみがえることがなくなります。

どれだけたくさんの酵素が含まれているものであっても、高温加熱を一度でも行った場合、生きた酵素は摂取できなくなります。

酵素が含まれたものの代表格として酵素ドリンクがありますが、酵素ドリンクは清涼飲料水の分野となり、日本の法令に従い加熱処理が行われています。

規定では65℃以上で10分以上となっているため、酵素ドリンクの酵素は不活性と言えます。酵素ドリンクでも、野菜や果物、海藻などの栄養素を補給することはできるため、全く意味が無いわけではありませんが、酵素を補給し代謝を上げるなど、酵素の力を使ってダイエット効果を期待するのは難しくなります。

生酵素は文字通り生のまま酵素が体内に届く

生酵素サプリのメリットは、フリーズドライ製法などもあるため、熱を加えずにサプリメントとして凝縮することが可能なことです。熱を加えずに製品化できるため、自分の手元に届くまで酵素の活性が失われず、素材から抽出された栄養素もしっかりと維持された状態のままです。

酵素を生のまま摂ることで、ダイエット効果などが期待できます。体内の代謝を上げることができれば、特別なことをしなくても太りにくい体質を作ることが可能です。

エネルギー摂取ばかりをしていると余ってしまうため、太ってしまいます。ダイエットを行っても痩せない人は、エネルギーを溜め込むばかりでうまく使えていないことがあるため、酵素の力を借りて体外へと排出できるようにしていきます。

無理に食事制限を行っても、我慢できなくなりそれまで制限していた反動により暴飲暴食しやすくなり不健康に太ってしまう人もいます。

生酵素ダイエットの秘密は代謝アップにあり!

酵素は、消化と代謝に働きます。そのため、不足していると消化不良となり、胃腸の負担が大きくなる事があります。結果として、便秘になります。

ダイエットをしたい人は、代謝だけでなく消化にも目を向ける必要があります。生酵素サプリを摂取することは、代謝を上げるだけでなく、消化を助ける働きも期待できます。

消化を助ける働きにより腸内環境が整えられ、便秘解消になると肌にも効果があらわれるようになります。酵素を摂取していると体内に必要な栄養素が十分に補給されているため、空腹になりにくいことから、ダイエットが成功しやすいと言われています。

生酵素サプリを選ぶ際には、どのような方法で作られているかを確認します。原材料には、どれくらいの種類が使用されているか、ビタミンやミネラルなどの栄養を抽出されているかなどを確認しておきます。

生酵素サプリは加熱処理をせずに、熱に弱い酵素が壊されていないことがメリットです。そのため、製品化の過程において、酵素を壊してしまうような作業が行われていないかなども確認しておきます。