生酵素サプリで置き換えダイエットを行う際の注意点

生酵素サプリで置き換えダイエットをするときは、何よりも自分のペースですることが大切となります。

置き換えダイエットの注意点は、置き換え回数を増やしすぎないことにあります。当然ながら1日3食の置き換えは無理がありますし、2食でも厳しいところがあるでしょう。

人間にとって食べる楽しみは非常に大きいものであり、これが失われることは大きなストレスとなります。ストレスのたまるダイエットを実践した方ならわかりますが、成功率は著しく低くなるでしょう。

一時的に10kgなどの大幅減量に成功しても、1年後も同じ体重を維持できる方は多くはありません。

失敗してしまう理由は単純であり、健康を無視して体重だけを落としてしまうからです。

置き換えダイエットで失敗する理由は限られている?

体重が減ればダイエットに成功したと感じる方は多いでしょうが、大切なのは筋肉を強化できているかどうかです。筋肉量が十分にある方は肥満になりにくく、これは筋肉が脂肪を燃焼させてくれるからです。

逆に筋肉が少ない方は肥満体質であり、たとえ一時的に大幅減量をしてもその体質は変わりません。痩せ型体質に変えつつダイエットをするには、少なくとも半年はかかると考えていいでしょう。

健康的にリバウンドせず痩せるための近道はないため、コツコツと無理なく続けられる方法でないと意味がありません。

生酵素サプリで置き換えダイエットをするなら、基本的に1日1食とするのがよいでしょう。

仕事や日常生活に支障をきたす置き換えダイエットはNG

時間帯としては朝食や昼食などは避けたほうがよく、これは仕事をするために必要なカロリーを確保できないからです。

糖質が減少してしまうと脳の働きが鈍くなってしまうので、朝はしっかりと食事を摂るのが好ましいのです。朝を抜いてしまう方は糖質不足に陥って、仕事の作業効率が下がってしまいます。

脳の栄養源は糖質しかないので、朝食を減らすようなダイエットは避けましょう。

昼食と置き換えするのも午後からのカロリー不足を招くのでおすすめできません。
17時まで働くという方でも、12時から5時間もあるわけです。

昼食を摂らずに5時間を過ごすのは大変であり、朝食の場合と同様に脳が炭水化物不足に陥る可能性があります。それゆえ生酵素サプリで置き換えダイエットをするなら夕食と置き換えるのがベストというわけです。

これから眠るという状況においては、人間は多くのカロリーを必要とはしません。むしろ胃腸内に飲食物がないほうが内臓をゆっくり休ませることができます。

眠っている間は空腹感も覚えにくいので、生酵素サプリを飲むとしたら夕食と置き換えるのがベストなのです。

毎日夕食を食べている方は、1日3食の中で夕食が最も豪華で高カロリーであるケースが多いのです。それゆえ置き換えをするなら夕食が最も効果的となります。

ただし、筋肉不足にならないために朝食・昼食でタンパク質を十分に摂ることが注意点となります。タンパク質が筋肉の原料となるので、本来夕食で摂取する分を朝食・昼食に分散されて多めに摂りましょう。